アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
田舎の人ーたけちゃん
ブログ紹介
zoom RSS

”谷根千”〜谷中(根津)千駄木を訪ねて!

2018/04/08 21:45
   江戸・東京の歴史を訪ねて〜谷中、千駄木を歩く!

   4月4日
     桜花爛漫の古寺、谷中墓地を訪ねる街歩きである。
     残念な ら 『染井吉野』は葉桜・・・枝垂桜は見頃を過ぎて・・・・。

     『史跡めぐり』は日暮里駅北口から本行寺(月見寺)へ
      陽炎や道灌殿の物見塚」〜小林一茶の碑を見る。

     「大黒天経王寺」へ
      上野戦争の時、彰義隊が逃げ込む、新政府軍の鉄砲の跡

     「臨済宗全生庵」へ
      山岡鉄舟、初代三遊亭円朝の墓をお参りする。

     「旧安田楠雄邸庭園」へ〜ここから『千駄木』である
      本郷台地に建てられた木造建築一部2階建て…
      関東大震災・太平洋戦争の東京空襲でも無傷である。

     『史跡めぐり』は荒川区・文京区・台東区と歩き〜谷中霊園へ
      徳川慶喜を元として近代史を飾った著名人が眠っている。

     霊園の桜並木は花と若葉のコントラストが珍しく見応えある。
     『天王寺五重塔跡』過ぎると
      「東京スカイツリー」が見える。もしも「五重塔」が残っていたら・・・・

     画像は<月見寺から谷中霊園>まで順を追って掲載・・・・・。
画像

画像
画像
画像
画像
画像


     たけちゃんのひとりごと・・・・
     
      初めて谷中霊園を訪ねたのは昭和○年 桜の咲くころだった。
      まだ「鳩山一郎」が現役の頃である。墓前で手を合わせる。

      「たけちゃん」の東京暮らしも60年になるのだ。
      どこの《 桜 》が心に残って居るだろう。上野公園か墨田区園!

      伝通院から教育大前の桜も思い出にある。
      靖国神社の桜は嫌いです。従弟が祀られている。

      千鳥ヶ淵公園の桜は思い出にない!
      新宿御苑の八重桜はおぼろげに残って居る。

    ※ 平成30年の桜はいつまで記憶に残るだろう


記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


菜の花と梅の花〜浜離宮恩賜庭園

2018/03/07 23:10
       特別名勝・特別史跡 『浜離宮恩賜公園』へ

  🌸 早春の陽気に誘われて今年も『浜離宮恩賜公園』を訪ねる。
     我が家からでは少し時間がかかるが毎年春はここから始まる。

  🌸 都内に住む友人に紹介されて初めて訪れたのは
     『梅と菜の花』の咲き誇る庭園でした。
     
  🌸 都心の雑踏から切り離された、『風の音と小鳥のさえずり』だけの
     深山・・・・あるいは我が故郷と同じ空気を感じる静けさ・・・・。

  🌸 『菜の花畑』と『梅園』少だけし離れているが雰囲気が変わる。
     『梅園』は古木ならではの静かな佇まい、客も少ない。

  🌸 ビルの谷間の「菜の花畑」と紅梅の古木
画像
画像
画像
画像
画像
 ★ ビルの谷間に東京タワー
    
   ※ 『浜離宮恩賜公園』へ
 
      カメラと一緒に訪ねているが、御同輩のおじさん達の多いこと。 
      皆〜カメラマン気取りで角度を変えたり三脚を代えたりして…。

   ※ 今年気が付いたことは、外国人観光客少なくて静かだったこと。
   
   ※ 今回は『梅の花と菜の花』ですが間もなく『桜』の庭園となる。

     たけちゃんのひとりごと
        あと何年 『梅の花と菜の花』が見られるのかな・・・・・。


    
     
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4


『高麗屋三代』 襲名披露〜二月大歌舞伎

2018/02/18 23:48
    歌舞伎座は 『高麗屋三代』 襲名披露 二ヶ月目の公演

  『高麗屋』三代とは
    松本幸四郎改め 二代目 松本白  鸚 初代は八代目 幸四郎
    市川染五郎改め 十代目 松本幸四郎
    松本金太郎改め 八代目 市川染五郎

  初代 松本幸四郎は江戸中期の役者にて、美男役者と伝わる
        延宝2(1674)年〜享保15(1730)年

  八代目 松本幸四郎は十一代目 市川團十郎の弟である。
    私が初めて観た高麗屋です。大向こうの声が聞き取れなかった。

   二月大歌舞伎は
    夜の部 第二幕に襲名披露口上がある。
        通常、披露される役者を中心に横一列並んで口上が述べられる。
        今回の襲名披露は『木挽芝居の賑』という一幕である。
   『芝居前』 中央に高麗屋三代が並び、舞台・花道・仮設花道から
      お祝いの言葉…菊五郎、玉三郎、仁左衛門、吉右衛門、藤十郎。
        初めて観る襲名披露である。どんな趣向なのか興味があった。

    夜の部 第一幕 熊谷陣屋〜熊谷次郎直実 十代目幸四郎
          第三幕 仮名手本忠臣蔵〜大星由良之助 二代目白 鸚
              大星力弥 八代目 染五郎 (可愛い力弥)
     歌舞伎座・夜景
画像
画像
画像
画像
 

     ※ 『 高麗屋三代』襲名披露公演は一月から行われている。
        歌舞伎界最大の襲名披露となる”三代同時襲名である。
        
     ※ 「松竹歌舞伎会」の会員だが1月はチケットが取れず
        2月も偶数日の鑑賞となった。〜でもよかった見られて・・・・。

     ひとりごと・・・・たけちゃんは目下冬眠中なのだ・・・・・。
                歌舞伎座いってよいのだろうか!!
       
      
         
    
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


”節分会”〜不動ヶ岡不動尊 総願寺〜

2018/02/03 23:11
  ”関東三大不動”と呼ばれている不動様・総願寺の豆まき

  二月三日、故郷の不動様の豆まきを見物する。
    生家から約6Kmだが「豆まき」には行ったことはない。

  関東三大不動いうけれどもなんか信じられない・・・・
    京都、奈良の大寺院観ているからだろう。

  稚児さん行列が見たくて少々早めに出かけたが・・・・
    駐車場が満杯・・・・。見られなかった。

  『豆まき』は12時開始とあった。
    豆(福豆・お菓子)を受け取れる回りは人、人、人

    赤鬼さんが松明かざして、青鬼さんは松明なしで・・・・。
      有志の豆まき風景・・・・
   
画像
画像
画像
画像


  ◎ 不動ヶ岡・不動尊総願寺
    埼玉県北東部に位置する不動岡町(現加須市)は典型的な門前町である。
   
    門前の通りを南東に行くと埼玉県立不動岡高校がある。
    不思議なことに加須高校はない。
    
  ◎  門前の商店街抜けると小川が流れている。・・・・『会の川』である。
      『会の川』・・・・近世以前は『利根川』であった・・・・。 
  
  ◎ 『 利根川の東遷』
      一般にはなじみのない文言だが利根川流路の変更の大工事である。

     〜境内は1月22日の大雪そして2月2日の雪のあとが残っていた〜

〜おわりに私事で恐縮です。今回初めて高齢の兄と二人で参拝です。
        兄はこの寺にて”農兵隊”として終戦迎えています。14歳でした〜


記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


寿 初春大歌舞伎〜平成30年1月〜

2018/01/12 00:51
      平成30年1月”歌舞伎座”は襲名披露で大賑わい!

    『高麗屋』三代の襲名披露
      〜二代目松本白鸚・十代目松本幸四郎・八代目市川染五郎
      
    三代の襲名披露・口上が見られる・・・・夢のような舞台。
      歌舞伎ファンなら見逃せない演目と舞台である。

    披露公演は1月、2月の歌舞伎座公演を皮切りにして続く
      1月公演は切符が手に入らず仕方なく、カメラを肩に出かけた。
     
    昼の部が開演したばかり時刻空いていた。
      おお看板には3人の写真〜 『勧進帳』の弁慶と義経
画像
画像
画像
   

  初めて歌舞伎を観たのは、二代目白鸚がまだ市川染五郎のころ
       そして「幸四郎」となろが、帝劇でも見ることが出来た。
       「生きる」をテレビか映画で見たこともある。

     1月は見ることが出来ないが2月公演は入場券が予約出来た。
          今迄数々の「襲名披露」を見てきたが
              入場券が手に入らないのは初めて!
      
    たけちゃんのひとりごと
      ”松竹歌舞伎会”の会員なのだが”特別会員”にならないと・・・・・。

  
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


”首都東京”晩秋から歳末へ

2017/12/30 23:13
   平成29年12月〜”首都・東京”の晩秋から師走の世相!

   10月 日本列島は台風21号、22号に襲われ各地に大きな被害をした。
       同時に「安倍首相」は「理由なき解散」を放つ・・・・。

       それを待ってましたと「国民ファースト」とか言って「希望の党」
       「踏み絵・排除」とか言って大騒ぎ・・・・すると

       「立憲民主党」が初心聲をあげて・・・・民進党が3分割・・・・。
       選挙結果は解散前とほとんど変わらぬ議席配分・・・・。

       新内閣が成立したが全員留任。なんかへんだなああああー

   12月 「日本相撲協会」ーここも何か変・・・・。
       被害者の親方が理事解任だって、被害者と揃って会見すれば!
       暴行現場いた横綱二人が減俸、軽すぎないか・・・・なんか変。

       まだまだ書きたいことは沢山あるが・・・・タイムアップですね。

       紹介する画像は皆さんご存知の場所故、説明ありません。<画像
画像
 
画像
 
画像
画像
 

   ※ 10年ほど前、「パソコン教室」へ行って初めてPCを触った。
        大きな決断だった。
        自分で パソコンが出来るなんて思いもよらぬことだった。

   ※ それまで「年賀状」は子供に頼むか、
        それ以前は印刷屋に頼んでいた〜自分で原稿書いて・・・・

   ※ それは昔のこと。今年も写真入りの年賀状を差し上げることが出来た。

     〜 たけちゃんのひとりごと・・・・
        旧友から「年賀の挨拶」は今年で終わりたいという
        『年賀状』が届くと嬉しくて、また新年早々さびしくなる〜


記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


”都の西北〜三大学を訪ねて”・・・Part U

2017/10/25 23:41
目白駅から・・学習院大学・日本女子大学・早稲田大学へ

     今回はゆっくり「史跡めぐり」コースを歩いて見ます。
      目白駅を出ると目の前に 『学習院大学』 西門へ・・・。

     血洗いの池をめぐりて、森の中を歩く感じやがて「乃木館」前に出る。
      北別館(史料館)前にて記念写真・・・・明治42年建築という。

     千登世橋を渡り、日本女子大学を訪ねる・・・学生の姿はない
      創立者〜成瀬仁蔵の旧住宅を見学する。

     目白台の見学地は割愛して・・・・・神田川へ
       春は<桜の名所>も今日は、白鷺と亀が川面を覗いていた。

     桜並木を見ながら「都電の終点」へ、都内唯一の路面電車・・・・・。

     早稲田大学はなぜか「校門」がない何故か!調べてない。
      大隈講堂は大学の象徴だが夕陽を受け輝いていた。

     大隈公園へ、芝生も綺麗に刈り取られて・・・・
       4坪ばかりの水田に稲穂が実りの秋を告げていた。
        
☆ 学習院大学・日本女子大学・早稲田大学〜神田川 ☆
画像

    
画像
画像
画像

   
    ※ たけちゃんのひとりごと・・・…※
    
    「史跡めぐり」は今回が第T4回と聞いて驚いている。
     初めて参加したのは何回目か記録がないのだが、
        その都度新しい発見がある。

    初めて東京へ来た時には「都電」が縦横に走っていて
     道案内をしてくれていた。都電の番号を見ると都内の地図が…

         「史跡めぐり」次はどこへ行くのだろう
   
            
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


”都の西北〜三大学を訪ねて”・・・・Part T

2017/10/20 22:15
 都の西北〜学習院大学、日本女子大学、早稲田大学を訪ねて!

    「史跡めぐりの会」〜秋のシリーズは都の西北へ
                 春は三田、慶応義塾大学の構内を見学して・・・・・。

  早慶戦となるかと思いきや、会長の粋な計らいで「日本女子大」も見学し、
     目白台から急な坂道を下って「肥後細川庭園・松聲閣」の庭園へ

  「神田川」 晴天続きの折から、静かに流れている
     白鷺が一羽、魚を狙って川面を覗いている。それとも休憩か・・・・。

  「椿山荘庭園」〜20〜30年前になるかな・・・・結婚式・祝賀会、等々
     何回か訪ねているが「山県有朋公爵邸」跡としては初めてです。

      ^この辺で約10,000歩になるので一休みして続きは後日に・・・・。

      ★ 学習院大学〜椿山荘まで
画像
画像
画像
画像


        たけちゃんの東京物語・・・・・
         都電〜初めて乗ったのは、巣鴨から神保町乗り換えて九段下
              その頃は市電と呼んだのだろう。

         祖母と東京のおばさん二人、もしかして従弟もいたかもしれない
           従弟の兄が満洲で戦死して「靖国神社」に祀られていた。

        〜 靖国神社の境内に戦闘機が飾ってあったのを覚えている〜

        ★ もう都電に乗ることも靖国神社に参拝することもできない ★


記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


朝顔から彼岸花へ〜早くも初秋の趣〜

2017/09/14 22:58
 🌸 ”朝顔”〜咲いた! 夏の名残りを〜毎朝お届け有難う!
       小さな庭だが”彼岸花”がひょろりと顔を出し。
          いつの間にやら深紅の花が咲いてます・・・・・🌸

     8月〜東京・深川へ夏祭りを観に行き・・・・
       江戸っ子の勇ましさを心に刻み・・・・史学の楽しさを味わい!
         毎日少しづつ書いてますが、思うに任せず・・・・・一休み!

     ”彼岸花”の探索に・・・・満開に近い、
      毎年覗いているが、例年よりすこし早い、そして”白い花”おおくて・・・

      昨日(13日)、表に出てみると西の空が〜こんな日はめったにない!
        我が家は《 田舎町 》の片隅にあるが、障害物が多くて・・・・・。
    
     『 寺の彼岸花から夕焼け』  span>』div align="">画像
画像
画像
画像


    夏から秋へ・・・・・30度超えの日が続いているが、台風18号が
    日本列島をうかがっている。〜当地は17日〜18日に、もしやと・・・・・。

    9月16日 
    <カスリーン台風から70年>の記念式典が記念公園で挙行される。
     あの惨劇を忘れないために、そして日頃の備えを忘れずに・・・・。
     
     たけちゃんも出席して、70年の無事を喜び、永遠の安全を祈ります
                

  
     
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5


『深川祭り』〜富岡八幡宮例大祭〜

2017/08/14 21:56
     ★ 『富岡八幡宮例大祭』〜平成二十九年〜本祭り ★

   江東区深川・門前仲町〜江戸時代から両国と並ぶ歓楽街・・・・
    初めて訪れたのは、『都電・門前仲町』の時代である。
    柳橋から月島へ行った時、途中下車して『八幡宮』へお参り!

    『木場』の文字が読めなくて〜笑われて、そんな思い出の街・・・・
    「夏休み」に入り、ゆっくり休養と思っていると『深川祭り』の情報が。

    8月12日(2日目)カメラと共に深川へ〜暑さを忘れて『興味津々』
    先ず、本殿にお参りしてと思ったが長い行列〜お許しを頂きパス・・・・・

     神幸祭(鳳輦渡御)から神輿の行列〜水掛け〜
画像
画像
画像
画像
画像
画像

  ★ 神輿の行列は、静かに出発し、お囃子と手拍子に乗って行儀よく・・・・
         水をかけられても・・・・

 ”ワショイ〜わっしょい〜ワッショイ〜わっしょい〜ワッショイ〜わっしょい”

          『たけちゃん』の短い夏休みは『深川祭り』から始まった


     
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


『夏期スクーリング』〜○○大学通信教育部〜

2017/08/01 23:23
    『夏期スクーリング』始まる〜7月24日から8月9日まで〜

  通信教育部だが「スクーリング」の必修科目がある。
   それ故、地方の学生は『夏スク』・『冬スク』に通学する。
   真夏の7月〜8月そして厳寒の1月末から2月の始めに…。

  今年の東京は、梅雨明け前から猛暑が続き心配していたが、
   始まると、平年並みに落ち着いたが蒸し暑いひ続いている。

  初めて『夏スク』を受講してのは『東日本大震災』の年だった。
   午後は冷房が切れて、エスカレーターも止まった。辛い経験がある。
   新築のゲートから
画像
  大学のタワーを望む
画像
  外濠堤から大学を 
画像
 〈2017/7/26(水)〜デジカメにて写す〉

   『 たけちゃんのスクーリング 』
     来週の8/7から3日間、4小間〜午前3時間、午後3時間 合計6時間
     体力・知力が保持できるか心配です。
かつては18日もありましたが・・・・・。

     無事終了致しましたら、更新致しますのでご覧いただければ・・・・・。
            《 ガンバリます 》 

記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5


"梅雨明け”〜発表〜暑中御見舞い申し上げます。

2017/07/19 14:16
★ ”梅雨明け”発表されました〜 関東甲信越・東海・近畿・中国・四国 ★

   梅雨入りは6月7日でした。そして7月19日梅雨明け〜
     その頃〜《読売ジャイアンツ》は13連敗中でした〜いつ明けた?

   その頃〜〈たけちゃん〉は猛勉中?〜でした。
     証拠写真を1枚掲載致します。〜下総国・佐倉城址・見学〜

   7月に入り〜九州北部の豪雨、山崩れ、河川氾濫、甚大な被害
     48時間に600oの豪雨、どんな状況か想像できない雨量・・・・。

   7月16日〜18日・・・関東、新潟、南東北地方に豪雨・突風・雹が・・・・・
     日本列島、一気に梅雨明けとはならず、まだ心配のタネが・・・・。

      🌸 我が庭に”夏の花”〜”初夏の花”〜 🌸
画像
画像
画像
  ※ 佐倉城址・本丸跡 ※

     〈 たけちゃんの7月 〉の近況報告です。

    毎年、梅雨の中頃日本列島は、局地的に『 集中豪雨 』に襲われる。
    今年の『九州北部豪雨』も2015年の『 廣島豪雨 』もこの季節である。

    毎年、台風被害はでているが進路が解っているので予防もできる。
    私は『 防災 』については全くの素人です。 しかし只今・・・・・・ 

     『 カスリーン台風 』による「利根川中流域の堤防の決壊」について
    学習中です。どんな成果が出せるか心配していますが?

     私達は,日頃から
       どこに住んでいても『 防災意識 』 を持つことが肝要である


    
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


”紫陽花”を訪ねて〜幸手・権現堂公園

2017/07/05 22:55
    🌸 ”紫陽花”咲く^〜行幸堤・権現堂公園を訪ねて…🌸

    初夏を彩る花〜花菖蒲、紫陽花〜
    毎年この頃、花の名所を訪ねて初夏の風情を楽しんだのだが・・・…。
    
    今年は訳あって遠出が出来ず、悩んでいたが 近くに絶好の場所を、
    『梅雨の合間』 薄日が出たので、午後から行ってみた。

    『権現堂公園』〜春の桜、秋の彼岸花・・・一度づつ訪ねている。
    いずれも、花の鑑賞、撮影が目的だった。〜今回は別の目的が・・・・・。

    『権現堂川』の締め切りと『行幸堤・記念碑』の確認である。
    『記念碑』は悲しいかな周囲の鎖は切れ、雑草の中に建っていた。

     🌸 表の紫陽花と公園案内
画像
 
画像
画像

      行幸堤・記念碑
画像

    
  ※ 平日の午後、雨の心配がなくなり『施設』の人たちも見物に来ていた。
       また、同輩ぐらいのご夫婦、ご婦人のグループも散策している。

   ※ 今回の最大の目的は、画像の『行幸堤・記念碑』撮影にある。
       『日本近代史』 にて学習している記念碑を確認することである。

    ※ 『行幸堤』 はみゆきつつみと読む。・・・・
       堤防を造った経緯、名前の由来は『行幸堤記』に刻んである。

      先人の苦労を知ってか知らずか雑草の中に建っている・・・・・。




記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


利根川決壊・カスリーン台風から70〜総合水防演習

2017/06/16 23:30
    第66回 『 利根川水系ー連合・総合水防演習』
                埼玉県加須市 新川通地先〜カスリーン公園〜

     水防月間 2017年5月1日から5月31日・・・・・残念ながら知らなかった。
     利根川水系といわれても一般の人には馴染みがないか・・・・・。

     5月20日(土曜日) カメラと共に見学する。 9時30分会場に到着
     カスリーン公園を目指す〜決壊口を示すー《134,3km》ポールある。

     堤防の上から見学しようとしたら入場禁止区域といわれて見学席へ
     
     第一部 水防訓練〜10時開始・約1時間30分
           気象庁から国土交通省へ洪水警報連絡
                   関係市町村へ 警察・消防・水防団へ
      ★ 水防警報(準備)➡氾濫注意情報(出動)➡氾濫警戒情報
                        ➡氾濫危険情報➡氾濫発生情報
        次々と発せられる情報に隊員は行動する。
        見事に遂行されて行く、普段から訓練しているのだろう!
             
     第二部 救出・救護訓練〜11時30分から
          @ ヘリコプターによる住民の救出
              〜埼玉県防災航空隊・陸上自衛隊〜
          A ボートによる住宅から住民の救出・車からの救出

       ※ 警察・消防・自衛隊の人達は普段各種の訓練をしているが、
         水防団・消防団・会社・高校・大学生達も手際よく訓練している

       ※ カメラと共に見学していたが、訓練とはいえ見事な作業を見た。

       ★ カスリーン公園と水防訓練風景と会場
画像
画像
画像
画像
画像
  《 鉄橋の下に水位計がある 》

利根川は 昭和22年9月16日 午前0時20分頃
     関東地方を襲った『カスリーン台風』により決壊する。
     
     洪水による被害は、埼玉平野東部地域を水没させて、
     更に5日後には 東京都東部三区に及んだのである。

関東地方(1都5県)の被害状況は下記の通りです。(利根川百年史より)
         
         東京 埼玉 千葉 茨城  栃木  群馬   合 計
     死者  8名  86   4   58  352  592    1,100名

      その他、物的被害は記すまでもありません。

                                   以  上   
                                         



  
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


”憲法記念日〜日比谷公園〜山野草展”

2017/05/06 12:57
  🌸  ”憲法記念日”〜ゴールデンウイークの日比谷公園 🌸

 「平和憲法」施行70周年、記念の日”日比谷公園を訪ねる。
 快晴・微風の正午前、公園は”老若男女・お子さん連れで賑わっていた。

 ”憲法記念日”に相応しいイベントがありやと思って、野外音楽堂へ・・・・
 〈 まつり 〉という名のイベントが騒々しく開かれていた。

 音楽祭と言うより、「若者たち」の青春のエネルビーの叫びと見えた。
 〜しかし、広場にはベビーカーの家族連れ、お年寄りも見られた。

 『春の山野草展』を訪ねる。農村生まれの私には『山野草展』とは・・・・
 静かな空気の流れる青空の下、『山野草』が展示されていた。
  ★ 山野草展
画像
画像


  ★ 日比谷公園
画像
画像


   ★ ”日比谷公園”は様々な思い出がある。
      最も古い記憶は・・・広場で”未来展〜アトミック”を見ている。
        〜もしかして原子力!

      ”日比谷公会堂”の浅沼稲次郎刺殺事件〜なぜか近くにいた。

   ★  ”60年安保闘争”も日比谷公園が舞台になっていた。

    ※ <たけちゃん>のひとりごと・・・・

 『日本国憲法』・・・・平和憲法は今危機に瀕している。〜前文には・・・・
       日本国憲法
     日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、
             
     日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する
     崇高な理想を深く自覚するのであって、平和を愛する諸国民の公正と
     信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。
 
     第9条 ばかりが論議されているが”前文”をしっかり読んでもらいたい。

    ※ こうしてゴールデンウイークは終わろうとしている。 
   




      
    

     

 
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


”芝田町から芝高輪”を歩く〜東京都港区

2017/04/14 22:05
   ”史跡めぐりの会”恒例の歴史散歩〜江戸・東京編!

   🌸 毎年春の散歩は4月第2土曜日、桜花満開の頃開催されて
      昨年は”東京小金井公園”でした。・・・・満開は過ぎていた。

   🌸 東京の桜は全国で一番早く、3月21日に開花・・・・心配する。
      2週間過ぎていたが、『画像』のように満開に見えて・・・・

   🌸 『史跡めぐり』は田町駅からスタート、「西郷隆盛・勝海舟会見の碑」
      東京の人なら誰でも知っている記念碑である。〜江戸城無血開城!

   🌸 『芝田町から芝高輪』はかつて江戸湾面した高台である。
      伊皿子貝塚・亀塚古墳などを見る子ができ正に歴史の宝庫である。

   🌸 慶応大学〜明治学院大学へ黎明期の大学の学び舎を観る。
     近世から近代までの歴史を学びながらの”史跡めぐりの会”でした。

    画像は慶応大学〜明治学院迄順を追って紹介する。
   
画像
  (慶応義塾大学)
画像
                (亀塚古墳公園)
画像
(高輪大木戸跡)
画像
                 (泉岳寺・赤穂義士の墓)
画像
 (明治学院大学・記念館)

※ 『史跡めぐりの会』は今回の13回になる。
  初めて参加したのは(私が)第5回の『江戸城周辺歩き』である。
  これまで皆勤であり、 誰の力も借りずに歩き「懇親会」迄ご一緒している。
   ”たけちゃん”・まだ若い!

  

      
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


”大和路”を訪ねて・・・・

2017/03/14 21:25
 平成28年秋〜”学友”と共に 《 世界遺産・大和路 》を訪ねて〜
 
      毎年・大和路の秋を訪ねて〜飛鳥時代・奈良時代を体験している。
      
       1日目 思惟山・五劫院へ、『五劫思惟阿弥陀仏坐像』を拝観する。
             『西大寺』に参詣して、揃って薬師寺へ『慈恩会』を見学

       2日目 『竹内街道』を歩く〜『堺港』から『藤原京』への道と言う。

       3日目 紅葉の名所〜『正歴寺』・『弘仁寺』を観光バスにて参詣

       ※ 大和路紀行ではいつも美味・珍しい食べ物も楽しみ…
          今回も 『草の戸・田舎料理』〜近鉄奈良駅前の『葛湯』

        興福寺の五重塔
画像

                      県庁から奈良公園へ帰る
画像


     ※ 大和路紀行のご案内が遅れてしまって〜季節外れですが・・・・。

     ※ 今回の[興福寺の五重塔』・・・・『鹿の行列』 必須の画像です。

      
             
            
    
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


浜離宮恩賜庭園〜都心の花園

2017/02/25 22:48
    🌸 東京の春を求めて”浜離宮恩賜庭園”を訪ねる  🌸  

  春一番が吹いて…丁度一週間・・・・この日も強風吹いていた。
   東京の友人から「 《菜の花》 咲いているよ」 とお誘いが・・・・・。

  暖かくなったら、「カメラと共に」と 返答していたけど・・・・
   いつになっても「強風と寒波」・・・・花が散ってしまうのでは?

  強風が吹き、雲が流れてコンデションはよくはないが・・・・・
   空いていて「菜の花畑」・「梅園」も思い通りのアングルで〜

  一昨年は「桜の蕾」の頃だったから 「梅園」は見てない
   足元にほんの少しだが「水仙が咲いていた(盛りを過ぎていた)
  
   都心の高層ビルをバックに菜の花畑
画像
画像
画像

             ひっそりと梅園が・・・・・。
画像

  
  ※ 『浜離宮恩賜庭園』へは毎年訪れているのだがいついっても
      近くで工事をしている。〜いつまで続くのだろう。
        
  ※ 『2020 東京五輪』 我等老人&田舎の人 には関係ないが、
      東京見物ものんびり〜ゆっくりできなくなりました。

  ◎ 東京のど真ん中で『菜の花畑』 が見られて幸せの東京見物でした


   
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6


2月文楽公演〜近松名作集

2017/02/19 01:39
   国立劇場開場50周年記念
      〜近松名作集〜平家女護島を観る.

  国立劇場は、2月・文楽公演は近松名作集公演である。 
    第1部 平家女護島・・・・俊寛の愛と千鳥の恋
    第2部 曽根崎心中・・・・お初・徳兵衛
    第3部 冥途の飛脚・・・・梅川・忠兵衛

  第1部 平家女護島(へいけにょごのしま)を鑑賞する。

    平安時代、平家全盛期の平家一門の武将たちが活躍する物語。
    見せ場は、第2幕 「鬼界が島の段」〜都からご赦免の船が来る。
           島の娘「千鳥」が可愛い(海女さん)
           〜一度残されると思いきや俊寛の力で乗船し都へ
     残された「俊寛」は一人弦につかまり船を見送る・・・・。

 歌舞伎では「俊寛」の演目であり、
 播磨屋・吉右衛門さんの当たり芸である。
初めて見たのは平成22年9月、新橋演舞場でした。千鳥は福助(可愛い)

見せ場はやはり、「俊寛」がご赦免船を見送る場面・・・・一人・岩の上から
そして、舞台は回って「船影」が見えなくなるまで・・・・あの白髪は今も・・・・
   国立劇場 ・ 演目 ・ 三番叟
画像
画像
画像
 
  
           ★ 満開の梅の花
画像
 

   文楽公演は2月と9月国立劇場で見て居る。
     今回は近松名作集である。3作品ともに「歌舞伎」で見て居るが、
     中でも「、平家女護島」〜「俊寛」は外せない演目である。

   近松作品は悲恋ものが多いが、いつもたけちゃんを泣かせてくれる。

     文楽観賞は文学観賞の一面もありいつも苦労しています。 


    
       
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


故郷のお正月(昭和時代)

2017/02/06 22:34
        故郷のお正月行事〜”だるま市”〜明神様

  昭和30年代我が故郷では月遅れの正月を祝った。
    2月1日が「元旦」である。小中学校は休日である。

  家族は各々連れだって「明神様のだるま市」へ参拝に・・・・。
    我が家から田んぼ道を歩いて〜30分から40分だった。

  参道は露店が並び、人混みで神社まで行けたのか?
    本殿まで行った記憶はない。途中で帰ったのかもしれない。

  ”だるまやさん”は子供には用はない、記憶は薄い。
    「ガマの油売り」「見世物・空飛ぶ狸」等覚えている。
    「サーカス」も1度だけ見た記憶がおる。

   ※ あの賑わいは何処へいってしまったのだろう。
      静かな故郷のお祭り風景でした。


   
画像

  
画像

 
画像

 
画像


  昭和30年代〜我が故郷は○○村・・・・そして××町になり
   現在は◎◎市と呼んでいる。    
   しかし・・・
   街の商店はほとんどなくなり スーパーもなくなっている。
   
   あるのは〜大型ショッピングセンターだけである。

  村の住人はこれからいかに生活すればよいのだろう。
  帰りの車の中で”そんなことを”考えた。



記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


平成29年1月〜ブログはじめ!

2017/01/27 22:35
  平成29年1月〜初めてのご挨拶〜本年も宜しくお願い致します。

      🌸 平成 28年4月、”桜の便り”をお伝えしてから
          当グログにトラブル発生休んでおりました。
          約9ヶ月して漸く復旧して〜再登場です宜しくお願い致します。

   🌸 本年の第1ページは”皇居東御苑”の見学から内濠風景です。

   🌸 紅梅のつぼみが膨らんでます。

   🌸 酉(鳥)年に因んで”オオタカ”の飛行です。
画像
画像
画像

     
     ※ 約9ヶ月休んでいましたが、その間元気に過ごしておりました。
       旧知の皆様にはご心配おかけして申し訳ありません。

     ※ 本ページが上手くUP出来ましたら引き続き溜まってしまった
”画像” UPしてまいります。どうぞよろしくお願い致します。
                            〜 田舎の人ーたけちゃん拝〜




記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


桜の名所 『小金井公園』&『江戸・東京たてもの館』を訪ねて・・・・

2016/04/19 00:59
 🌸 ”小金井公園&江戸・東京たてもの館”〜史跡めぐりの会 🌸

    平成28年春 武蔵野の桜の名所「小金井公園」を訪ねる。
      桜は見ごろを過ぎていた。〜休日の公園は賑わっていた。

    われらの目標は・・・・・『江戸東京たてもの館』の見学である。
      江戸後期の農家&千人同心組頭の家を見る。
      いつかどこで見た雰囲気を味う〜明治・大正・昭和へ

    昭和30年代、黄色にチョコレート色の都電・E 渋谷〜新橋
      往復25円で田村町から小川町へ 通学した電車である。
          (なぜか写ってないない、残念)

    昭和維新と呼んだ”2・26事件”の舞台〜高橋是清邸を拝見する。
      青年将校の思いはいかに、と思う。 
       〜まもなく日中戦争から太平洋戦争へ、そして終戦!
      
     そんなことを考えながら公園を出る。まだ公園は賑わっていた
     
画像
">画像 
画像
画像

      ※ 平成28年 桜花を求めて、カメラと共に歩いた。先ず 3/26川越へ
        次が『乾通り・一般公開』から「千鳥ヶ淵公園』・靖国神社へ
         〜早すぎた。4/3 (日)地元の桜の名所「・観桜会へ〜見ごろ

      ※ 見納めになった『小金井公園・江戸東京たてもの館』〜遅かった。

       

      
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 7


"皇居乾通り・一般公開”へ〜28/3/30

2016/03/31 21:42
      🌸 平成28年春・皇居乾通り・一般公開へ 🌸 

   ✿ 3月21日・東京の桜の開花が発表された。平年より5日早く!
      今年も 『皇居乾通り・一般公開』 が行われる。

      3/25(金)〜3/31(木)迄、少し早いと思うが、行かなくちゃ!
      開花状況を心配しながら、万難を排して行列に並んだ。
      前回より少ないと感じた。40分待って入場する。

   ✿ 坂下門外から見える桜は3分咲きと見える。
      坂下門から続く人の波 『「乾通り』の両側の桜並木は3分咲きか・・・・。

   ✿  『道灌池』の”しだれ桜”は見ごろかな!
        『山吹』 は黄色く まぶしかった。…・・乾通りを直進する。
   
     騎馬警官から乾門迄 
画像
画像

画像
画像

※ 平成28年春 『皇居乾通り・一般公開』 桜の開花を待ちくれず・・・・
   来年は樹木の保護・育成の為中止と聞き、入場したのだが・・・・。

      ※ 「宮内庁」 は流石である。3日まで延長すると決めた。
                         しかしながら、もう行けない!

〜 たけちゃん〜わけあって休んでいたが何とか3/31に間に合った。〜


     
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


『冬期スクーリング』〜○○大学通信教育部

2016/02/03 22:43
   ★ ○○大学通信教育部〜28年・冬期スクーリング終了 ★

   『冬期スク』〜T群 1月22日〜28日  U群 1月29日〜2月3日
   寒中から節分まで、年中で最も寒い時集中講義に出席〜お疲れ様!

      そんな中、『田舎の人ーたけちゃん』は冬眠中です。

   陣中見舞いにも行かず、冬眠していたのだが、
     T群終了の「打ち上げ」と「懇親会」にお誘いが・・・・・。
     寒さをものとはせず、田舎から出席しました。

   T群終了した方には、お疲れ様。 
   U群を受講されるかには、寒さに負けないでと激励して『懇親会』

   幹事さんのお骨折りで、大学院生、卒業生、在学生〜20余名出席
   『大寒』の厳しい寒さの中、素晴らしい一時を過ごしました。
    ★ 大学・学舎と静寂の中庭 ★ 
    ★ 打ち上げ・懇親会 ★ ;画像
画像
画像
">画像
     『打ち上げ・懇親会』の画像は出席者皆さんのご了解いただき
       UPさせて頂きました。
     只 会場の照明が悪く、映像に不備があり、各位には申し訳ありません。

     たけちゃんの独り言
       人間は一人では生きていけないのですね・・・…。



記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


『初冬の首都・東京』〜散歩・・・・。

2015/12/14 22:03
      ★ 初冬の首都・東京をカメラと共に歩いて・・・・。

     新宿駅で中央線に乗換、3っ目信濃町駅で降りる・・・・午後2時頃。
     かつて『学徒出陣式』が行われた絵画館前を抜けて・・・頭を垂れる。

     軟式野球場から右回りして銀杏並木に出る……一寸おかしい??
     絵画館を背に左側の並木は黄色と緑がアンバランスに続いている。
        〜右側は綺麗に黄色く色づいていて、梢は落葉している
      外苑前銀杏並木
画像
画像

              
      外苑前から青山一丁目へ・・・
      乃木神社へ急いだ。夕闇が迫っていた明るいうちに参拝しなくては、
      初めて訪れるで社ある。〜乃木将軍の遺書を拝観するためである。

      参拝を終わると5時を廻り暗くなっていた。〜方角が分からない。
      最終目的の『六本木ミッドタウン』へ行くのだが〜2回も道を訊ねた。
    先月も『国立新美術館』へ来ているのに〜5分ほどで幻想の世界へ!

       光と音楽が織りなす宇宙空間・・・・・・
画像
画像
画像

       ※ 首都・東京の昼と夜の風景を観察するべくカメラとともに・・・・。
       
  当初は『新宿御苑』から『神宮外苑の銀杏並木』を撮る予定でした。

  友人から 『六本木ミッドタウン』のイルミネーション を是非と紹介されて、
         場所を詳しくご案内頂いた。 行ってみる。
         驚きと感動の連続!〜ご紹介有難う!

      ※ 『新宿御苑』へは1週間後〜素敵な紅葉を撮って来ました
         


記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6


”秋風に誘われて”〜大和路紀行〜第U回

2015/11/03 23:28
  ”秋風に誘われて”〜大和路へ
         3日目は大和路を観る・食べる・学ぶ、そして歩きます。
         《 ○○大学 通信教育部・文学部・史学科〜有志の旅 》

    🌸 JR奈良駅から大和路線を南へ〜「大和小泉駅」に降りる。
       車窓から、稲刈りを終えた田んぼ・コスモス畑、懐かしい田園風景!
       @ 臨済宗大徳寺派・慈光院
           書院・茶室〜国指定重要文化財、庭園〜史跡及び名勝指定
         参道から山門を入るとすでに静寂の中に、ひやりと秋風を感じる。
         石州流のお茶を頂き、しばし庭を見つめて自然を味わう・・秋の香り
画像
画像

       A 法起寺〜日本最古の三重塔〜大宝3年建立
          慈光院からの道筋から、コスモス畑の上に三重塔が見える。
         『十一面観音』を参拝し、急ぎコスモス畑へ、
         熟した柿を売っている農家もあり、のぞきながら法輪寺へ急ぐ
画像
 
 B 法輪寺〜創建は飛鳥時代〜三井寺とも呼ばれている。
   十一面観音立像(重要文化財)・本尊〜一面を裏側観る。
    薬師如来坐像  〜重要文化財・飛鳥時代・止利派仏師の作
    虚空蔵菩薩立像〜    々
      ※ 顔立ちが飛鳥大仏に似ている。
        山門から法隆寺を目指して歩く〜土塀の家並みが続く
        
 B 法隆寺・夢殿〜中宮寺
    高校の修学旅行以来の法隆寺である。
    記憶にあるのは、長い土塀・五重塔と八角形夢殿、即ち建物
    今回の目的は夢殿・救世観音像そして中宮寺・半跏思惟像の見学である。

    ※ 夢殿 開かれた窓から「救世観音像」 胸に宝珠〜救われる思い。
      半跏思惟像〜優しく微笑みかけて、全てを受け入てくれる感じ。
画像

       
 ※ 斑鳩の里を秋の陽光を浴びながら歩いた。そこで私達は・・・・・。
   門前で遅い昼飯を食べる。〜梅干し山菜蕎麦・くず切り〜
      
 ※ 大和路の旅はこうして楽しく、観る・食べる・学ぶそして歩くは無事終了する。
終わりに、「大和路紀行」に参加された諸姉・諸兄に感謝・有難う!

      ※ 名残惜しいので総集編として後日・五重塔を特集します。
                                    宜しくお願い致します。
          
  

記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


”史跡めぐりの会”〜日本近代史の足跡を訪ねて!

2015/10/14 22:15
     ★ 江戸時代末期から明治時代初頭の史跡を訪ねて! ★

    横須賀駅前に広がる軍港の風景、そしてヴェルニー公園
    横須賀製鉄所(後に造船所)〜小栗上野介&ヴェルニーの胸像を観る。

    記念艦・三笠を左手に見ながら「猿島」へ10分ほど着く
      かつて帝国陸軍・海軍の要塞の島である。諸所に遺跡がある。

    記念艦・三笠を見学する。〜連合艦隊の旗艦である。
      日露戦争の象徴であり、帝国海軍の礎となる戦艦である。
      奇しくも”三笠の砲門の先に巨大な「米軍基地」が見える。

    ※ お土産に”海軍カレー”を買い〜 英文華やかな街で”懇親会”

猿島・公園で全員揃って…。
画像

                   ヴェルニー公園・潜水艦を観る
画像

     記念艦・三笠〜30センチ砲、4門
画像

                  🌸 鎌倉・明月院〜枯山水庭園
画像

   ※ ”史跡めぐりの会”は○○大学 通信教育部 史学科・学生・大学院生                                             卒業生の有志の勉強会です。
    今回も皆さんのお許しを得てUPしてます。
    幹事さんのお骨折りで楽しく学んでいます。
    今回は横須賀見学、第2班です。

     🌸 集合の前に鎌倉・明月院にて、”やぐら”見学してます。
       



 
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6


○○大学通信教育部〜秋期スクーリング・始まる。

2015/09/17 23:01
     ★ 通信教育部〜『秋期スクーリング』〜始まる。 ★

    あの猛暑の『夏スク』は・・・。
     『秋スク』 がこんな状況で始まるとは予想だにしていなかった。

    ひと月、過ぎたばかりなのに、11月の気温 今日〜そして明日・・・・。
     かつて 『敬老の日』は9月15日と決まっていた。〜秋の訪れ・・・・。

    我が街の『寺院の門前』に”彼岸花”が咲き、秋の風情を感じる。
     相前後して『薬師堂本尊』の法要が営まれたれた・・・・・。
       
    『薬師三尊像』〜木造日光菩薩立像・木造月光菩薩立像を観る。
     総代さんにお願いして写真を撮らせていただいた。 
    🌸 門前に咲く・彼岸花
画像

     薬師堂&三尊像(厨 子)
画像
画像
    
   ※ 『薬師三尊像』に興味を持ったのは
         、史学科にて{日本仏像史』を学んだおかげである。

    先週、関東・東北地方は未曾有の豪雨に襲われた。
        特に利根川に支流が各地で氾濫、決壊した。
       
        昭和22年9月の「利根川水害」を思い出し、
          被災された皆様にお見舞い申し上げます。

     秋から冬へ『秋スク』は体力勝負の通学になる。
        身体に注意して、気力・体力・知力〜三位一体頑張ろう!





記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4


○○大学 通信教育部・学生〜只今、夏休み!

2015/08/20 23:17
       『通信教育部』の夏休みは非常に短い〜約1か月。

      『夏スク』が終了して10日目〜《 歌舞伎座 》へ

      八月納涼歌舞伎・三部公演〜見どころを記す・・・・。

      第一部 十せ 板東三津五郎に捧ぐ  『棒しばり』 、他
            勘九郎・巳之助〜勘三郎・三津五郎の当り狂言

      第二部 銘作左小刀 京 人 形 、他
            左甚五郎〜勘九郎  京人形の精〜七之助

      第三部 十せ 板東三津五郎に捧ぐ  『芋掘長者』 、他
            橋之助・巳之助・秀調・七之助〜他
    歌舞伎座正面 ・ 立て看板 ・ 緞帳・・・・・3枚
画像
 
画像
画像


      『八月納涼歌舞伎』は毎年、三部構成にて若手役者の見せ所です。

      今回は、第二部、『京人形』を見る。「中村屋」兄弟の競演である。
            勘九郎の左甚五郎 七之助の京人形の精〜職人と京人形
             30分余の舞台ですが、勘九郎の独り言〜七之助の舞い
              納涼を満喫し、余韻を感じさせた舞台でした。

      ※ かつて、勘三郎・三津五郎の『棒しばり』を観ている・・・・・。
           後継ぎの人達の芸もみたいのだが・・・・。

       〜たけちゃんブログも暫く「夏休み」に入ります。それではまた 〜




記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


○○大学 通信教育部 『夏期スクーリング』〜終了

2015/08/13 21:33
      『通信教育部』〜夏期スクーリング
        〜第T群、第U群、第V群〜すべて終了しました。
        〜猛暑の中、特に第U群は連日35度超えの猛暑でした。

      史学科の学生は最終講義「中国現代史」の授業で映画鑑賞・・・・。
        泣いて授業を終了したという。

      授業終了後、大学近くの中華飯店にて、慰労懇親会が行われた。
        先程まで、講義と試験で心身共に疲労困憊していた身体に
        適度のアルコールが入り大いに盛り上がる。
        特に先輩・大学院生も出席して頂き、有難く・・・・・。
       大学構内・中庭
画像

       主席者の一部(掲載了解済)
画像
画像

 7月27日から始まった『夏期スクーリング』は8月12日滞りなく終了!
        初回のページにもUPしているが全国から来ているのだろう。
        近郊の学生もホテルから通学してるという。〜お疲れ様でした。

 次は「秋スク」・「冬スク」だが何人と会えるのか、期待して・・・・夏終わる。

 懇親会に出席された諸姉・諸兄に有難うの言葉を送り、さようなら・・・・・、、
        また逢う日まで お元気で・・・・・。

  ○○大学 通信教育部〜夏期スクーリング〜3部作これで終了です。
          ご覧いただき有難うございました。
                          文学部・史学科 4年 たけちゃん拝


    


記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8


○○大学 通信教育部〜《夏スク》 第三クールへ

2015/08/10 23:45
    当大学の《夏スク》は、第T群 第U群 第V群に分かれている。
    第T群、第U群は月曜日から土曜日までの各々6日間

    午前 9:30〜12:40(2限)まで、午後1:30〜4:40(2限)まで、
    3時間づつ2教科を履修できる。

    第V群は月曜日から水曜日まで午前、午後と1日6時間
    先生も学生も猛暑の中、体力勝負である。
    〜因みに私は先週で終了〜のんびりと…・・。

     大学・正面〜猛暑の中帰る学生・・・・・
画像

      猛暑の中、全国各地から集う”老若男女”の大学生・・・・。
       皆、それぞれの目的をもって学んでいる。

       今年はかつて例を見ない暑さだった、でも無事終了して・・・。

    最終日試験も終わり、外濠堤の「蝉時雨」に送られて家路につく
      「通教学生」ならでは感慨は一生忘れられない思い出になるだろう。



記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


○○大学 通信教育部 文学部・史学科 第4学年…。

2015/07/22 21:20
     春期スクーリングは梅雨明けと共に終了し・・・・。
       夏期スクーリングまでの束の間の休日〜27日から始まる。

     『夏スク』〜猛暑の中の楽しみは1年ぶりに会う学友の顔だ。 しかし
       名前は知らない? 唯、見覚えのある顔を見ると安心する。
           外濠の向こうに聳える〜タワー
画像
        平成26年撮影〜現在新学舎建設中

    『春スク』と『夏スク』の間の1週間〜ゆっくり 休んでいるが・・・・・、
    ”ブログ”の休刊を心配してくれる人がいる。 有難い。
     〜近況報告です。

    一寸嬉しい報告があります。身内の子供が4月から同窓になったのです。
    経営学部に入学し、祖父(私の兄)が喜んでいることも報告します。

    因みに我が一族、東京の大学に1年生〜4年生まで通学してます。
 


      
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


”花と仏像”の寺&”さくらんぼ狩り”〜初夏の甲州路

2015/06/21 22:01
       初夏の甲州路〜「放光寺」・「さくらんぼ狩り」・・・・。

    ✿ 花と仏像で知られた『高橋山・放光寺』を訪ねる。〜<旧塩山市>
      花は花菖蒲と紫陽花の境内だが、紫陽花だけカメラに

      仏像は@ 木像 大日如来坐像、A 天弓愛染明王坐像
        B 不動明王立像・・・・ 国指定・重要文化財〜平安時代

      本堂・庫裡〜市指定文化財(江戸時代)〜画像あり

    ✿ さくらんぼ狩り〜桃とぶどうの甲府盆地〜
                 ビニールハウスの中に赤く熟した”さくらんぼ”
        食べ放題と言われても〜見て・撮って忙しい・・・・。

         ※ 本堂&紫陽花  ※ たわわに実ったさくらんぼ
画像
画像
  
画像


     ✿ 桃とブドウ畑の広がる 甲府盆地へ

 重要文化財の仏像があると聞き行ってみる。外見は普通の山寺だった。
 山門に木像・金剛力士立像像(2體)驚いた。重要文化財(鎌倉時代)である。

     ✿ さくらんぼ狩り〜初めての経験である。梯子に上りつまむ・・・・。
        数十年前の子供の頃を思い出す。
                     〜柿の木から落下・一瞬死んだかと思った〜



    
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6


"つつじ祭り”と『火渡り』〜塩船観音寺

2015/05/05 00:15
    ✿ つつじまつり&火渡り、荒行・修行 

   快晴の初夏〜東京の山里・青梅路は・・・・・
     満開のつつじと火渡り荒行・修行でにぎわっていた。

   青梅は春の梅園・初夏のつつじ園・夏の避暑地・秋の紅葉
     観光地として知られた山里・奥多摩の入口である。

   つつじに囲まれた『塩船観音寺』は大化年間の開山とある。
     ご本尊は十一面千手観音立像で鎌倉時代の作である。

   ※ 火渡り、荒行・修行も古式に則り見事な行事だが……・・。

    護摩堂を囲み平和観音を背に見事に咲いたつつじの
       画像を見て頂きたい。( 説明は省きます )
画像
画像
画像
画像

   東京都青梅市・・・・江戸時代まで武蔵の国である。  
      同じ武州に生まれ・育ちながら、初めての観光である。

    三方を満開のつつじに囲まれた広場にて行われた『火渡り・荒行』
      『ほら貝』と『般若経』の合唱が谷間に響き、身が引き締まる。

     〜初夏の風物詩、『花とお経と火渡り』を肌で感じた旅でした〜
           

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2


『花水木・つつじ・藤の花』…春から初夏へ

2015/04/26 21:39
   🌸 春から初夏へ〜『花水木・つつじ・藤の花』〜 🌸

   菜の花(浜離宮恩賜庭園)・しだれ桜(六義園)を鑑賞して・・・・

   桜の名所を歩く予定を企てていたのですが・・・・。

   桜は遥か彼方に・・・・濃い緑になってしまい『花水木』がきれいに咲いて!

   故郷の『藤まつり』にいってみると、つつじが満開に咲いて…・・。

   大樹は8〜9分咲き、2代目は5分咲きにて見物の人達でにぎわっていた。

    藤の大樹  藤花とつつじ  つつじ  花水木
画像
画像
画像
画像

     3月の終わり『浜離宮恩賜庭園』へ
      都会のド真ん中の『菜の花畑』を撮って・・・・。

     『六義園』へいって、『しだれ桜』を撮り、次は神田川の桜をと・・・・。
      都会の桜の名所を回る予定でしたが・・・・But

     ※ 痛くて、辛い・悲しい日々が続いてました。
        日にちを重ねているうちに、元気になり・・・・・。

     《 ブログ 》復活です。宜しくお願い致します。…・・「たけちゃん」


記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6


『浜離宮恩賜庭園』&『六義園』へ…・・。

2015/03/29 22:08
🌸  『浜離宮恩賜庭園』・菜の花〜『六義園』・しだれ桜を観る。 🌸

江戸時代初期
  開園の趣旨は異なりますが江戸時代の姿を残す名園です。

 @ 『浜離宮恩賜庭園』〜承応年間(江戸開府50年頃)
    〜都心に有りながら静寂の中に小鳥の鳴き声と風の音のみ!
     ビル群を借景とした『菜の花畑』
     広い池の堤の桜、1〜2分咲きの花が水面に映って!
画像
画像


 A 『六義園』〜『浜離宮』より約50年遅れて開園される。
   〜四季折々の花木の鑑賞できる名園です。 
    秋には『紅葉見物』に行き、お気に入りの写真を撮る。
    『しだれ桜』は2本の大木があり、1本は静かに咲いていた。
画像
画像


    ※  『六義園』 『浜離宮』ともに都立公園だが見事に整備されていて
         落ち着いて散策できる。

     今回は写真撮影が目的だったので、混んでいては始まらない。
         はじめに 『浜離宮』へ、10時に入門、空いていて目的達成!
      
      『六義園』は、唯 『しだれ桜』の撮影だけだが、考えが甘かった。
         大樹に咲き誇る花を狙っているのだが、人波が絶えない。
        特に”スマホ”の人たちには参った。〜花から離れない。

     ◎ ”桜と日本人”古来言い伝えられてきましたが
           もう総ての人達に愛される”花”になったようだ!




        
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


"京王百草園〜梅園とつるし雛!

2015/03/05 22:20
 武蔵の国の南端・多摩丘陵に佇む〜京王百草園

   🌸 新宿から京王線に乗って50分〜百草園駅に・・・・。
     案内書の通り歩くと急な上り坂になる。10分で入口へ

   🌸 入口の急な階段を上り入場券を買い園内へ
     寒い平日にしては混んでいた。尋ねるとまだ7〜8分咲きと云う。

   🌸 人混みを避けてシャッターを切るのは忍耐がいる。
     「梅園」の写真は見た目と異なり、難しいことを実感する。

   🌸 折しも 《つるし雛》 が飾れていた。初めて見る光景だ。 かつて・・・・、 
      信州へ行った時〜《つるし雛》の風習があることを聞いた。
   ★ @ 梅園  Aつるし雛〜段飾り B 松連庵 C梅林  
画像
画像
画像
画像


     ※ 20年程前、現役の頃 駅前を車で通っていたが街並みは変わり
        道路は広がり、丘陵は住宅がぎっしりと建てられていた。

     ※ 百草園駅から一つ先の街に我が母校も移ってきている。
        新撰組誕生の地も150年余ですっかり変わってしまった。

※ この地が我が故郷 『武州』と同国と感じるには差がありすぎる。

 ◎ 《 つるし雛 》
    〜原風景・藁葺き屋根に縁側・軒からさがる、手造りの雛〜
画像

      〜たけちゃんの独り言”
      縁側に”ばあちゃんと女の子”日向ぼっこ、春はそこまで!〜



記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


『初詣&だるま市』〜石戸厄除両大師へ

2015/01/05 22:17
       平成27年・新春〜初詣・だるま市

   初詣は毎年3日 《石戸厄除両大師》と決めている。
   祖父・親父と続いて、お参りに行き『お札』を頂いている。

   子供の頃 12Km以上ある大師様まで自転車で行く親父を見ていた。
   当地に越してきてから、親父にならいお参りしている。
  
  
   はじめは親子4人でお参りして、
   ”だるまさん”を買い露店で”お好み焼き”などを買って楽しんでいた。

   今年も一人だけの参拝になってしまった。
    しかし今年は趣が違う・・・・。仏教を学習しての参拝である。

    一般に”大師様”といい”関東三大師”と呼ばれているが・・・・。
     『真言宗』と『天台宗』に各々三大師がある。

    『真言宗』は弘法大師・空海〜西新井大師・川崎大師 等々
    『天台宗』は慈恵大師・良源〜佐野厄除大師・川越大師 等々
画像
画像
画像


     石戸厄除両大師は・・・天台宗・医王山光明院・真福寺である。
      また両大師とは慈恵大師・良源。 慈眼大師・天海である。

    ※ 明治生まれの祖父・父…そして私と3代続いた初詣
        誰に引継がせるか、それが問題である。

     ※ だるまやさんのおばさんは、もう30年以上の付き合いで
       今回も喜んでモデルなってくれた。〜長生きしようねと言って〜




記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


『皇居・乾通り』一般公開…12/3〜12/7

2014/12/06 21:59
           『皇居・乾通り』・紅葉見物へ

   秋の一般公開は12月3日〜12月7日まで行われる。
   春の一般公開に入場したが、3日目だった。〜長ーい行列・・・・。

   秋は初日に、時間は午後1時…待ち時間30分…元気一杯、坂下門へ
   宮内庁・皇宮警察の皆さんに迎えられる雰囲気、感激の一瞬

    さあー、乾通りの紹介です。
   坂下門を入ると左に宮殿・宮内庁、見ながら富士見櫓を写して。
   歩を進めると、モミジの並木通りだ。
   
     〜道灌池・蓮池濠・富士見多聞・天守台・本丸跡・二の丸〜
   
      画像をご覧ください。( 4点 )
画像
画像
画像
画像


江戸城から皇居〜340年余〜
     日本の政治の中心として君臨したお城、春・秋見学できるのは
     ありがたい。〜特に武蔵野の自然が保たれているのには感激した!

追記〜26・12・8
    宮内庁の発表によると、5日間の入場者…・・349,500人という。
     その中の一人なれたことは、嬉しく・感激してしています。


 
   
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


『西大寺から山の辺の道』へ・・大和路の旅〜Part V

2014/11/10 21:10
       奈良・大和路の旅〜『西大寺』から『山の辺の道』へ

    今回の旅のメインテーマは『西大寺』にて先生の解説聞いて・・・・・・・
    『山の辺の道』を歩き、『二上山に沈む太陽』を見ることであります。

    『西大寺』は”大茶盛”で知られていますが、「南都七大寺」の一つです。
    奈良時代後期、称徳天皇(第48代天皇)勅願により創建されました。

    昨年は「成田屋・市川海老蔵」により、歌舞伎が奉納された。
    「本堂」「愛染明王堂」の見学を終えたのち、
    『大茶碗』〜口径一尺2寸〜にて”お茶”を頂く。

    『山の辺の道』へは、黒塚古墳かから長岳寺へ、(遅い昼食)
    ”大地獄絵開帳”〜私は見学回避する。

    崇神天皇陵を拝し・・・・。
    景行天皇陵を遠くに望みながら(昨年も)夕陽の見える丘へ

      西大寺〜大茶碗
画像

      長岳寺・本堂
画像

      崇神天皇陵
画像

      二上山に沈む太陽
画像

    平成26年秋。西大寺・大和路の旅は快晴に恵まれ滞りなく終わる。
      奈良公園の雑踏から逃れ、「西大寺」にて大茶碗にてお茶を頂き、
      山の辺の道を歩く・・・・・。

     二上山に沈む太陽を見送りながら旅は終わった。

     昨秋も今春もそうでしたが、企画立案した方々に感謝あるのみです。
              
                〜楽しい旅を有難う〜



記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


奈良・大和路を訪ねて〜26年秋

2014/11/01 23:36
         大和の国・奈良の秋を訪ねる。

    大和路の旅は奈良公園から始まる。
    近鉄奈良駅から商店街を抜けると石畳の道に出る
    緩やかな道を上って行くと右手に『猿沢池』ある。

    左手の階段を上ると〜五重塔〜聳え立つ・・・。
    朝 早いので観光客は少なく、鹿が散歩している。

    国宝館の見学は翌日に廻した。〜今日は早すぎた。

    2日目〜国宝館を拝観する。
     ★八部衆立像〜阿修羅像
     ★十大弟子立像……・・拝観

        〜 興福寺・五重塔〜
画像
画像
画像

   
     興福寺を訪れるのは高校の修学旅行以来である。
       猿沢池の畔にに立つホテルを訪ねてみた。
        思い切って聞いてみる。名前は変わっていたが
         まさにその旅館だった。〜思い出のアルバムにある。

記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


文楽〜『双蝶々曲輪日記』〜観賞する

2014/10/02 00:18
      ★ 双蝶々曲輪日記 =ふたつちょうちょうくるわにっき ★
         人形浄瑠璃(文楽)〜国立劇場〜9月公演

   堀江相撲場の段・大宝寺町米屋の段・難波裏喧嘩の段
              橋本の段・八幡里引窓の段

   義大夫狂言の傑作です。
   歌舞伎では一幕もので何回か見ているが、文楽は初めてです。

   義大夫と人形〜耳と目を同時に働かせて〜物語に没頭する。
   歌舞伎と比較したくなるが、文楽の世界へ引き込まれる。

   文楽を見るのはまだ2回目
   大詰『八幡里引窓の段』は母と子の愛、義兄弟の情・・・・。
   『引き窓』を舞台に語られ、演じられ、涙なくしては見られない。
※ 国立劇場
画像
画像

  
画像

※ 『双蝶々曲輪日記』、義大夫狂言の三大傑作と言われている。
     他の2作は、歌舞伎で度々演じられているので見ている。
     
     今回初めて全編を見ることが出来感激している。
     10月4日から同じく国立劇場で歌舞伎公演がある。



記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


《古代エジプト展》〜東京都美術館にて

2014/09/06 12:49
         ★ 東京都美術館&東京国立博物館 ★

    平成26年夏〜
     猛暑と豪雨(前ページ)だけが印象に残ってます。〜東京では・・・・
     東京国立博物館・平成館にて…東洋史
      東洋の古代を象徴する中国の文化財の特別展
      『台北 国立故宮博物院ー神品至宝ー』
   
     東京都美術館にて・・・・・・・・・・・西洋史
      西洋の歴史を彩る、古代エジプト展(メトロポリタン美術館)
      『女王と女神』
       東京都美術館〜1・2
画像
★ 東京国立博物館
画像

 猛暑の中「夏期スクーリング」を終えゆっくり休養していたが、
      9月に入り、涼しくなったのを見極め美術館へ・・・・・そして
      博物館へ・・・・行く予定だった。

     『女王と女神』を鑑賞・・・・、さらりと観て」と思ったが
      古代エジプト王家の豪華な飾りなど、全て素晴らしく見入ってしまい
      予定をオーバーしてしまって・・・・終わり

   〜西洋史は今迄苦手としていたが、いくらか興味が沸いた展示会でした〜




記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


平成26年夏〜”猛暑&豪雨”

2014/08/24 00:28
   平成26年夏〜記憶に残るのは「猛暑と豪雨」となるだろう。

   梅雨は平年並みに明けて、夏も平年のように過ぎ去ると思っていた。

   梅雨明けとともに”猛暑”となり、そして”台風と豪雨”が続き..

   各地に甚大な被害をもたらしている。

   どうしてこんなに自然災害多いのだろう。地図を広げてみる

   日本列島は、太平洋の片隅に並んでいて、北西にユーラシア大陸が、

   気象には全くの素人だが、大陸と海洋の影響が大いにあると思う。

 ✿ 今年も我が庭に夏の花が咲いて・・・・。休耕田には白鷺が・・・。
画像
.
画像
 
画像


     ※ 久しぶりに更新したのだが画像が上手く貼付できない。
       そんなことしているうちに”夏”終わってしまう。

     ※ 次回は素敵なページにしてお目にかかります

     

記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


《夏期スーリング》にて〜通信教育部・学生〜

2014/08/08 12:12
;★ 猛暑の中《夏期スクーリング》にて猛勉強中です ★

  7月28日(月)から開講されています。(梅雨明けして1週間)

  午前9時前、改札口を出ると真夏の太陽が容赦なく照り付ける。

  駅前の橋を渡ると新装なった”教会”が見える。〜ホットする。

  日陰を求めて”つつみ”を歩く〜蝉時雨がすごい・・・・・・・・・。

  ”キャンパス”へ入る。全国から”老若男女の学生”が集う。

     スクーリングは8月12日(火)まで続きます 
画像
画像
画像
画像


  ※ スクーリングは第2週に入ってますが、今週は休みです。

    次回は10日(日)から3日間、終日講義に出席、体力勝負です。

     心配なのは「台風」襲来です。〜台風一過、秋になるのかな。



記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


『毎日書道展』と『徒然草』〜鑑賞

2014/07/27 12:28
     東京新美術館にて〜第66回 毎日書道展を見学
      サントリー美術館にて〜徒然草展を鑑賞する 

    7月の中ごろ”幼友達”が出品している毎日書道展を見学に!

    上野界隈は時々行くので時間も場所も分かっているのだが、

    赤坂・六本木は初めてなので待ち合わせに遅れてしまった。

    数年前、出展の話を聞き一人で行ったが、今回は同道した。

    作品は『源氏物語』から”すずむし”である。〜画像を見てください。

    《書道とは…》驚きの連続だった。伝統の書から現代書道まで!。
画像
画像


    ★ 毎日書道展を出てサントリー美術館へ”目と鼻の先"だった。

    《徒然草》〜どなたでも一度は読んだ「兼好法師の随筆です。

    「いづくにもあれ、しばし旅だちたるこそ、目さめる心地すれ、・・・

       〜こんなことを望んでいるのだが・・・・・いつのことやら

     短い夏休みも終わり、明日から「夏期スクーリング」が始まる。
       「体力・気力・知力」の戦いです。



記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


”菖蒲園”を訪ねて…・。

2014/06/29 18:15
         6月の花〜花菖蒲〜の公園を訪ねる

     🌸 埼玉県内でも割と知られている”菖蒲園を見学する。
     
    
    @ 南部の有料菖蒲園 
     
       6月の中ごろ小雨を気にしながら午前中入園した。
       平日だが「一般の見物客」と「カメラマン」で混んでいた。

       時折小雨が降ってくるので写真を撮るのには良い風情だった。
       中央に菖蒲が咲き誇り、それを囲むように”紫陽花”が咲いていた。

     A 県央部の市営(無料)菖蒲園

       6月中旬の日曜日、人混みを避けて早めに出かけた
       6時、散歩する人やカメラマンだけだった。

       メイン会場の菖蒲園は大雨にやられたて寂しく咲いていた。
       歩いて10分程で田んぼ中の”菖蒲園”に着く。

       城址公園とある。早朝なので管理人はいない。
       自由にシャッターを切るが「画像的」には今一でした。

            🌸 菖蒲園〜@&A
       
画像
画像
画像

 
画像
画像

    
    🌸 菖蒲園を見学して感じたのは”有料園と無料園”の違い…・。

     パソコンを替えてから、移行ができず休んでましたが
       漸く切り替えができました。約1ヶ月ぶりに書いています。


    
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


≪さきたま風土記の丘≫〜桜&つつじ〜

2014/05/21 12:50
  ✿ さきたま風土記の丘〜丸墓山と稲荷山    

   桜満開の≪さきたま風土記の丘・公園≫を訪ねた。
     
   さきたま古墳群の中心となる「丸墓山」
   麓の満開の桜から頂上へ登る木道に「マスコットキャラ」が!

   満開の桜の頂上からの眺めは・・・・
   東南に古墳群〜鉄砲山・二子山・将軍山等の古墳群!
   西北に忍城のある旧忍町の街並みが望める。

   緑・美しい5月、≪さきたま火祭り≫の公園を訪ねた。

   公園広場では「火まつり」の準備完了!
   夜の「たいまつ行列」と小屋の点火を待つばかり〜
      桜満開の丸墓山!
画像

      つつじ咲く広場から丸墓山!
画像

      火祭りの稲荷山古墳!
画像

   丸墓山〜小学4年生の時遠足で訪ねた。
      当時、この山が「古墳」で有るとは聞いていたけど・・・・。
      「古墳」とは何かと教えてもらったいたのだろうか?
  
   「火祭り」の起源は何かとも知らない。
     何もわからない侭”齢を重ねて”しまった。

    〜来週、学友と史学の学習に訪ねる予定である〜




記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4


花だより〜桜から藤の花〜玉敷公園へ

2014/05/07 22:41
       ✿ 故郷の「玉敷公園」の大藤は・・・・ ✿

  5月5日(子供の日)・今年も「藤見」に出かけた。
  子供の頃はそう呼んでいた。
  〜露店が並んでいたなぁ〜。夜は「仕掛け花火」があったっけ!

  曇り空・小雨が少し降っていた。
  〜「藤むすめ」コンテスト、花の下で「茶会」も開かれていた〜

  ◆ 大藤は昭和8年に旧家から移植されたという
     樹齢「400年」との事、「江戸幕府」が発足した頃では…。
 
     「徳川実記」によるとその頃、第2代将軍 徳川秀忠が当地へ
     「鷹狩」に来たと記されている。
     即ち玉敷神社は「騎西領」の総鎮守で有るから寄ったかも!
        ✿ 大藤の大樹と花房 ✿ 
画像
 
画像
画像
画像

    桜の花を追って名所を訪ねてカメラに収めて……。
       休む間もなく「藤の花」を観賞した。
      近くの公園にも藤棚があり、見事にさいていた。

      騎西の「藤見」だけは忘れられない「原風景」である
       いつまでも「大藤」を見続けたい・・・・願望である。



 
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


「栄西と建仁寺」・「キトラ古墳壁画」〜特別展

2014/04/29 22:15
  東京国立博物館にて、
 ≪栄西と建仁寺展≫&≪キトラ古墳壁画≫特別展・開催中です。

  国立科学博物館では
 江戸の医から、未来を眺める。≪医と仁術≫特別展・開催中です。

初夏を思わせるような快晴の平日、博物館の梯子の予定。
午前中、≪医は仁術≫を見て、午後東京博物館へ行く予定だった。

目的は江戸時代の医学始まり、「蘭学事始」によるオランダ語の翻訳
西洋医学と従来からある東洋医学との融合を見る事である。

午後、東京博物館へ。≪栄西…≫&≪キトラ…≫、90分づつの予定
しかし〜≪キトラ…≫は70分待ちのアナウンス〜止めた。

≪栄西と建仁寺≫特別展を見る。
 我が菩提寺・臨済宗の宗祖である「栄西禅師」〜「ようさいぜんし」

 臨済宗の最古の寺院「建仁寺」の美術品を観賞。
 教科書にも載っている「風神雷神図屏風」・「雲竜図」に感激!
           ≪医は仁術≫特別展
画像

                      ◆ ≪キトラ古墳壁画≫〜本館
画像

           ≪栄西と建仁寺≫〜平成館
画像

博物館見学のはしご疲れました。〜どうしてこんなに混むのでしょう。

今回も女性の数が圧倒的に多い、向学心に燃えているのだろう。
また、ご同輩の人も多く居られた。まだ学ぶ事が沢山あるのだ。

  ☆ 「キトラ古墳壁画」展はいつ行こうか迷っている




記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


続きを見る

トップへ

月別リンク

田舎の人ーたけちゃん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる